着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

カテゴリー:着物 お座敷 宴会シーズン

2011年01月10日

久々に和服三昧... といってもバイトw

更新さぼってましたw。

12月は、以前着付けを学ぶためにバイトした料亭から、声がかかったので、PCの前から離れてちょっくら肉体労働してきましたモバQ

不思議なもので、3年目となると、仕事だけでなく、着付けも体が憶えていて、コツみたいなものが突然見えてきたりします目

人がが足りない時に打診されて、たまに行ってるだけで、今回も数ヶ月ぶりでしたが、襟元が崩れにくい角度や、両脇に身ごろをひっぱる感覚など、ははぁわーい(嬉しい顔)、と。

そういえば、知人に初めて教えてもらった時も、お店のロッカールームで習ったときも、「ここを両脇にひっぱると、綺麗でしょ」などなど、何度も聞いた言葉が浮かんでくる。

飲食物を扱うため、すぐ汚れがつく仕事で割り当てられるのは当然、洗える着物である輸入もののポリエステル製で、柄もイマイチなのですが、数名並んで立ったところを少々遠目に見ると、それなりに綺麗です。
kimono_3.jpg

忙しい日はもっと人数が多いので、もう少し華やかだったりします。

普段は2〜8名様のご来店で、掘りごたつ式の個室が中心の接客ですが、12月から1月は最上階の仕切をとりはらって、数十名から百数十名の宴会がバンバン入ります。
hiroma.jpg

これだけの席を1名様分の過不足も出ないように、コースの最後まで徹底してお運びと下げもの。ドリンクも数種類あちこちから追加オーダー。ここの仲居さんの業務の幅はすごいです。

が、帰るときには、これくらい体を動かして汗をかく健康的な仕事は誰でも週1回ぐらいしたほうがいいなぁ、という気分になります。体調よくなるんですよー。ジムでは使わない筋肉をかなり使うんです♪

genkan.jpg

posted by maruai at 21:16| Comment(0) | 着物 お座敷 宴会シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。