着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

カテゴリー:熊野古道

2015年07月11日

【熊野古道】那智山から新宮、熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)へ

美滝山荘の朝食は豪華でした。鯵の干物は焼けたばかりのを持ってきて、お皿に乗せて頂きました。


前日、9時間以上歩いたCindyは、ついでに那智山を登って那智大社と青岸渡寺も済ませていたので、朝食後はそのまま那智駅へバスで向かい、私は那智大社への階段を上りました。







絶景だらけですが、青岸渡寺の年月を経た趣は特別圧巻でした。

そして再びバスで那智駅へ。電車の本数が少ないので、那智駅でまたCindyと合流しました。
新宮に着いて、荷物をコインロッカーに入れて、片道徒歩15分の熊野速玉大社へ向かいました。
これで熊野三山を全部まわることになります。


熊野本宮大社や熊野那智大社に比べると、住宅地の中にある上、建物もそとから眺めるだけの熊野速玉大社はちょっと気抜けしました。特別な知識がないので、さっと入ってさっと出る程度の場所でした。平地でアスファルトの上を歩くときになってお天気が回復しているので、蒸し暑くなってきていました。

昭和の時代には賑わっていたであろう駅からの商店街がほとんどシャッター通りとなっていて残念でした。少し離れたところにイオンモールがあるようなので、みんな車でそちらへ行くようになったんでしょう。

駅に戻る途中でお弁当屋さんを見つけて買い、Cindyは当日の宿をとっている白浜へ、私はくろしおのチケットを買って、帰路につきました。


ここから紀伊田辺までは、大辺路(おへち)と呼ばれる熊野の海沿いの巡礼ルート近くを走るJR線になります。日頃、海といえば瀬戸内海ばかり見ていると、太平洋の風景はダイナミックです。台風接近中なのもあったのか、いつもこうなのか、白い波が立っている海岸は壮観でした。



南紀は白浜あたりで少し新しい家をみかけたぐらいで、私の知っている東京や関西の町でみかけるスレート屋根の住宅や、ここ十数年で建ったような今風の家がほとんどありませんでした。子どもの頃によく見かけた黒い瓦屋根の古い住宅がほとんどでした。

海岸はテトラポットに侵されておらず、自然の形が残っていました。

和歌山県が開発の嵐に飲み込まれなかったことをとても有難く思いました。

こういう土地から日本再生できればなぁ…と。

posted by maruai at 22:40| Comment(0) | 熊野古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

【熊野古道】小口から那智大社への大雲取越(おおぐもとりごえ)…はパスして新宮経由でバスと電車の旅

小口自然の家で朝食をとったあと、Cindyは一番険しい大雲取越コースに入って那智大社を目指しました。

ここに高低差込みのマップがありますが、最初の2時間で標高差800メートルを登るすごいコースです。しかも雨。

(Clickで拡大)

このマップも、北が真横よりやや下になっていて、また、小口からだと右から左へと読む必要があります。

前日の小雲取越コースもほとんど人に出会わなかったですが、この日はCindyは途中で日本人の男の子一人見かけただけだとか。

私はシューズを履くだけで辛くなっていたので、持ってきていた和柄のビーチサンダルに履き替えて自然の家を出発。キャッシュがほとんど尽きていたので、自然の家からもバス停からも徒歩3分の郵便局へ向かいましたが、ATM営業時間は9時から。9時3分のバスを逃したら、お昼までバスがないので、そのままバスを乗り継いで新宮(しんぐう)まで行き、新宮駅そばの郵便局でお金をおろしました。手数料を気にしない人は、信用金庫のATMが駅構内にあります。田辺駅でも新宮駅でも、面白いほどコンビニが出てこない土地でした。

また、同じ近畿ならICOCAのようなプリペイドカードがバスで使えるだろうと思っていたけど、それも見事に裏切られました。JRは自動改札がなくても窓口に行けば全国の駅で交通系カードを処理する機械があると思っていたのですが、現金しか使えませんでした。(特急くろしおなどはクレジットカードで買えます。)

紀伊田辺駅や新宮駅ほどの旅行者にとっての拠点駅の周辺でも、商店街はシャッター通りと化しているのが残念ですが、これほど近年の開発から取り残された土地が残っているのは、ある意味とても貴重なことだと思います。全国あちこちの駅のそばにゼネコン様が建てまくってしまったあの暖色系の複合ビルもないんです。

この日も午前中はずっと雨で、新宮駅の観光案内で情報を貰ったあとは、しばし、駅前にあった小さなカフェ「chou chou」でケーキセットを食べながら、カウンターの中の人と喋ったりして過ごしました。隣の席の外国人観光客3人はタバコを吸うために表のパラソルの下を行き来していました。

手作りのアップルケーキが美味しかったです♪
ここで飲食物を作って出している人は、主婦のアルバイトみたいで、オーナーさんから教えられたレシピでケーキも作っているとのことでした。翌日来た時は、他の人が働いていました。

ランチには美味しそうなしらす丼セットを注文したかったのですが、小口自然の家で作ってもらったおにぎり弁当を持っていたので、那智駅へ向かう前の駅の待合室で完食してしまいました。

翌日は午前中から帰路につくまで時間はたっぷりあったので、那智から新宮へ引き返して熊野速玉大社へ行くこともできるしで、新宮駅のすぐそばの徐福公園に立ち寄っただけでした(実際、翌日行った熊野速玉大社よりこの小さな空間のほうが面白かったですが)。

中から入り口を見たらこんな感じ。


その後、電車で那智駅へ。徐々に雨が上がって初夏の日差しが戻っていました。爽快な太平洋の風景を眺めながら到着。最初は徒歩で那智山へ行こうと思ったのですが、バスでなければ夕食時間ぎりぎりになってしまうのがわかり、駅まで引き返してバスで向かいました。

この日の宿は、那智山に一軒だけある宿、「旅館 美滝山荘」。1981年ごろにオーナーが脱サラして建てたという鉄筋で、かなり古くなっていますが、窓から那智の滝が見え、滝の流れる音も聞こえる絶景でした。


8時から歩き続けていたCindyも6時の夕食10分前ぐらいにぎりぎり到着。

ここもお料理は夕食・朝食とも美味しかったです。前日の小口自然の家では料理は可もなく不可もなくという程度だったので再び美食に戻った感じでした。

一番嬉しかったのは、寝室で完璧にWiFiが使えることでした。

posted by maruai at 17:39| Comment(0) | 熊野古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

【熊野古道】湯の峰温泉からバスで成石(なるいし)下車(請川そば)。迂回路を通って小口自然の家へ

湯の峰温泉の民宿てるてやさんで美味しい朝食を食べて出発。

食中毒が気になる7月から9月はお弁当は受け付けていらっしゃらないのですが、おねだりしておにぎり弁当を作って頂きました^^)。

爪先の痛みが徐々に激しくなって、爪が何本か黒くなってしまってたのですが、小雲取越ルートは一番快適で上り下りも激しくないとのことだったので、とりあえず歩いてみることに決定。(脱落する場合は新宮までバスに乗れば、小口までのバスに乗り換えられたのですが、すでに午前の新宮駅行きバスは終わっていました。)

本当は湯の峰温泉からバスに乗って下り、熊野川分岐点あたりの請川で降りて、この「小雲取越」コースはスタートするはずなのですが、2015年3月ごろに土砂崩れのために、迂回路ができていて、請川から数百メートルほど南西にある成石バス停で降りて、林道のための舗装路を迂回路として、その半分以上を歩く必要があったのでした。

成石のバス停では、降りる位置によっては、古道への案内板が全然見えず、見えたあとも、どの方向へ歩けばいいのはわからないので、たまに通りすぎる車を止めて尋ねながら歩きました。初日から地図をチェックするのは私の役になっていたのですが、徐々に大混乱。迂回路というけど、熊野古道合流地点らしき案内板も滅多にないまま、不安を抱えて黙々とアスファルトの上り道を歩き続けて2時間。シューズに合わないし、ドライバー向けの「熊野古道・林道交差点」の表示がたまに出てくるだけで、荷物が肩に食い込む感じ。しかもずっと雨。

前述したとおり、紀伊田辺駅横の案内所でもらって汗でボロボロになって使えなかったマップの代わりに、てるてやさんで新しいマップ(同じデザイン)に取り替えたのですが、ひょっとしたら、駅で貰ったマップに載っていたかもしれない、請川からの迂回路ルートが、書き込まれていなかったのです。Cindyが初日から持っている英語版を初めて取り出して開いたら、手描きのような太い赤線と文字が印刷されていて、やっと自分たちがどこにいるかた分かった次第。

これが、私たちが使ったのに近い、かつ、赤線入りのマップです。

Clickで拡大します。
Cindyの持っていた英文の紙版では、「成石」のバス停からのルートも書き込まれていました。私がてるてやさんで捨てた熊野古道マップにも入っていたかもしれません。

チェックした時点では、すでに赤線の迂回路の終わり頃にいたのですが、自分たちの位置を確かめる方法がなく、まだ当分、舗装路を登り続けるのだと思っていました。

ちなみに、このマップはすごくややこしいのですが、まず、これまでは西から東へのルートだったので、マップと同じように左から右へ進めばよかったのですが、このページは逆。右から左へと読まなければいけません。その上、他のルートはほぼ必ず、上が北(もしくは北西か北東)になっているのですが、このページは右下が北。なので、普通のマップで土砂崩れや迂回路をチェックしようとすると混乱するのです。

こちらの和歌山観光さんの「熊野古道 小雲取越 土砂崩れについて」のPDFのてっぺんでは、古道のルートマップを縦に普通の地図に貼り付けていますが、これを脳内でできなければ訳が分からなくなるわけです。

なので、正しい迂回路を登ってきたらしいとわかってから10分ぐらいで古道に合流したときには心底ほっとしました。そして、ここが一番快適なウォーキングコースだというのも理解出来ました。一箇所の土砂崩れのせいで、このコースの半分以上がアスファルトの迂回路になっているのは本当に残念でした。舗装路のほうでも景色はそれなりによかったですが。





ただし、ここも最初2時間ぶっ通しで登った分を、河原にある小口まで降りなければいけないので、最後1時間のつるつる滑る石だらけの下りが、キツかったです。歩く前から痛かった爪先は麻痺してきました。Cindyは履き慣れたスニーカーだったのですが、防水ではないので水溜りのたびに避けるのに苦労していました(避け切れませんでしたが)。

そして、やっと河原まで降りてきたので、民家で自然の家までのルートを尋ねたら、橋を渡ってさらに1kmほど先とのこと。橋を渡ったところの休憩所で、缶コーヒーを買ってトイレ休憩して歩き始めたら、おとぎの国のような風景が…。眼下に元々小学校だった建物を利用した、小口自然の家が見えてきました。


階段をおりてから運動場だった場所を横切って入り口にたどり着き、チェックイン。雨で靴はドロドロ。

元々教室だった寝室は広くて快適でしたが、窓のすぐ外で滝のようなせせらぎが聞こえるので、ずっと雨が降っているような気がしました。ここではオーストラリアからのカップルが2泊めを迎えており、夕飯と朝食でご一緒しました。霧の郷たかはらには私たちの1日前に泊まっていたことがわかりました。塩ジャケに閉口したのは彼らだったと思います。

この自然の家は、キャンプする人たちも使えるようになっていて、また集団で合宿もできるようになっています。

これまでの宿同様、WiFiが装備されていましたが、使えるのは受付のすぐとなりのラウンジぐらいで、寝室までは電波は届きませんでした。(みんな世界遺産になって外国人観光客が急増したのでWiFiは備えているのですが、結局ここまで一度も寝室でスマホやタブレットを使えませんでした。下調べも不十分で紙情報も不十分だったのは失敗でした。)

この周辺も本当にのどかで、水も緑も豊かで、こういう場所に都会から移り住む人が増えればいいなと思いました。まだぎりぎり、放射能もほとんど来ていないし、地元の食材が堪能できるし。

翌日は、「これまでの比ではない」という、標高800mぐらいまで登る那智へのコースでしたが、私はもう爪先が限界でパスして、バスで新宮駅(しんぐうえき)まで行き、そこから電車とバスで那智山の宿へ向かうことになります。

posted by maruai at 19:14| Comment(0) | 熊野古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。