着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

カテゴリー:ごちそうさん

2013年10月25日

着物ファンなら、連続テレビ小説「ごちそうさん」は夢見心地かも〜

この9月から始まったNHKの朝ドラ「ごちそうさん」。

前作の「あまちゃん」に比べてストーリー展開が遅い上、女学生に成長した主人公のめ以子が、滅多に微笑まないので感情移入しにくい段階ですが、大正・昭和初期の風景やファッションはうっとしするシーンが多いと思いませんか?

しかも、洋食屋の娘であれだけの贅沢ができたとは思えないですが、着せ替え人形並みに着物がしょっちゅう変わる。ため息が出るほど綺麗です。

思い出してカメラを取り出し、追いついたときだけの写真と、動画サイトのキャプチャ少々ですが、並べてみました。^^)

ファッションモデルでもある杏さんは、笑顔がとても綺麗な人なのに、番組では滅多ににこやかにしていないので、フライングですが、先に笑顔をアップ。
Picture 1312.png

これは、ごちそうさんのテーマともいえる第17話、め以子が作った「とろろ納豆あんの袋揚げ」を食べた下宿生の西門が「ごちそうさんでした」と言ったあとのシーン。珍しく視てるこっちも笑顔になれたシーンでした(笑)。

IMG_3596.JPG

これは青系の着物の日。お母さん役の財前直美さんの着物姿がまたいい。そして、開明軒の奥の家の中の色合いが素晴らしくマッチ。昔の家の柱などの色ってこうでしたね。

IMG_3597.JPG

定番、矢羽根の模様の着物に袴で通学してた日ですが、毎回、ちらっと見える半襟やリボンの色がまた渋い。

IMG_3600.JPG

「本郷春見」という路面電車の架空の駅。文京区本郷の設定だと思いますが、不思議です。私は文京区民だったことがあるのですが、現在の本郷は1キロ四方もないから、本郷の東大キャンパスに通う西門が、わざわざ電車賃を払って通学するほど離れている場所ってないんですよね。本郷は坂道が多いから、路面電車に乗れるあたりって春日通り、白山通り、本郷通りなど限られてきます。
 ともあれ、この背景。大道具さんもセリフのない役者さんたちも、すっごい凝ってて見てて飽きないですw

IMG_3603.JPG

ふたたび、母親のイクさん。毎回渋い着物ですよね。財前さんがカッコいいし。

IMG_3604.JPG

ふたたび本郷春見駅。人力車とかうしろで話を聴いてるおじさんとか、細かいです。

IMG_3607.JPG

青緑系の着物に赤い帯。袖を縛ってる赤いたすき。京の町宿のようなめ以子の部屋。和紙を糸で縛って作った当時の「ノォト」。今の私たちが見ると、すごいオサレ〜。こんな博物館があったら1日過ごしてみたいです。

Picture 1307.png

夜はランプを使ってたんですね。ギンガムチェックみたいな赤い格子模様の着物。柔らかそうなピンクの帯。

Picture 1309.png

納豆が食べられない西門に、納豆の美味しさを味わわせたい め以子がいい料理を思いつきました。最近は窓がないキッチンが多いですが、台所には窓からの光が欲しいです。

Picture 1311.png

またまたイク母さんとのツーショット。今度はめ以子が暖色、イクが寒色の組み合わせ。この台所もすっごく素敵です。

め以子は、この時、白い模様が入った真っ赤なエプロンをして帯が半分隠れてるんですが、私は勘違いして、家だから伊達締めだけしてるのかと思ってました。この写真だとよくわからないですが、肩にかけているたすきの柄もお洒落で、主人公のキャラがそこまで細やかではないので面白い違和感があります。

真冬以外は、家では伊達締めで過ごしてもいいと思いませんか?

こちらの楽天のキモノカフェのページに、素敵な伊達締めが出ていました。

正絹伊達締め

Clickで伊達締めの販売ページが別タブで開きます。

posted by maruai at 00:50| Comment(0) | ごちそうさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。