着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

カテゴリー:ゆかた

2013年06月22日

姫路、播但線の駅で見た浴衣姿

駅まで自転車や車で行く人が多い土地に住んでいると、着物姿の人を見かけることがめっきり少なくなります。

が、きょうは姫路までJR、姫路駅から播但線という単線で出かける用があり、6月というのにあちらこちらに浴衣姿をみかけました。移動中のショットなのでブレがひどいですがいくつかご紹介。わーい(嬉しい顔)
IMG_3444.jpg
足にサンダルで歩きやすそうです。子ども用はちょっとスニーカーっぽいサンダルで、これも意外とかわいい。ゆかたがレース付きでミニ丈、帯は胸の下でリボン結びでした。江戸時代はかなり自由に着ていたというから、案外こういうのはフツーかもしれません♪

IMG_3445.jpg

そして、こちらは緑深い静かな駅、香呂で姫路行きを待つ人たちの浴衣姿。帯の渋い紫がうまく写らなくて残念ですが、この白地に紫の模様の浴衣、下駄の紫の鼻緒とすごく素敵なコーディネート。
IMG_3451.jpg

この紫のアレンジが光ったのは車中でした。なんと、1両に7人ほど浴衣姿の若い女性が立っていたのですが、そのうち5人が黒字にピンク系の大花。みごとにかぶってました〜。(手前にいた女の子のピンク色で隠れてしまっていますが、小さい子は圧倒的にピンクが多いですね。)
IMG_3452.jpg
なので、ちょっと洗いざらしで、糊ピンに見せるようなアイロンがかかってない、白地のゆかたがますます粋に見えました。しかも涼しげ。

さて、これはおまけです。
IMG_3448.jpg
ワンマンの電車というのは信濃鉄道などでも体験しましたが、運転手さんが出てきて整理券や運賃の精算をする電車って初めてでしたw 目

単線というと昔ならすごく田舎という気がしましたが、かなり大きな商業地である姫路駅周辺まですぐだし、車の所有者が多いので、全国チェーンのお店は今やあちこちに見えます。

全国チェーンといえば、ネットでチェックして、実店舗に買いにいく、というパターンが増えているそう。スマホの普及で、携帯オンリーだった人たちもウェブアクセスするようになったからかもしれません。
ゆかたセットで検索すると、レディースの前にメンズゆかたがトップに上がったりします。取り扱う店が少ないから訪問者の数が多くなるからかもしれませんが、徐々に男性ゆかたを見かけることも増えてるのもある?

ちなみにこっちもおまけです。
全然関係ないのですが、大阪の御堂筋線で数ヶ月ぶりの着物姿を見かけて咄嗟に撮影したものです。6月にはいっていたので単衣だと思いますが、色は5月の緑を思わせます。
IMG_3428.jpg
粋ですね〜、おふたりとも(^^)。
なぜこんな髪型なのか不思議ですが...
posted by maruai at 20:13| Comment(0) | ゆかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。