着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

2015年07月08日

【熊野古道】近露王子(ちかつゆおうじ)から熊野本宮大社、そして湯の峰温泉へ

さて、民宿なかので美味しい朝食を頂いて、湿ったままの洗濯物をリュックに詰めて出発。夕食で知り合ったスウェーデンからのレズビアンのラブラブカップルと近露のバス停まで女将さんに誘導してもらって、いっしょに歩きました。どうせ歩いても近露からは舗装した道が続くという小広(こびろ)までバスに乗って、そこから熊野本宮を目指すことに。

バスは前日トラックに乗せてもらった川沿いの道を北上して、例の近露王子案内所のカフェの前を通り、本来歩いたはずの古道をもっと曲がりくねって、短時間で小広に到着。
私たちが乗ったバスが走っていたのは、こちらの小広→近露ルートの逆向きみたいです。
世界遺産 熊野古道 ウォークレポート
小広王子〜近露王子 編


近露王子の向かいの「熊野古道なかへち美術館」にもバスは停まるのですが、時間に余裕がある時にはそちらへも行きたいですね。

そして、小広バス停で降りてから熊野本宮へ向かう古道はこちら。
世界遺産 熊野古道 ウォークレポート
小広王子〜熊野本宮大社 序盤編
小広王子〜熊野本宮大社 中盤編
小広王子〜熊野本宮大社 終盤編

20kmを少し縮めたものの、7〜8時間のコースなので小広でバスを降りてから黙々と歩き始めました。このとき気がついたのですが、トレッキングシューズのせいなのか、アスファルトの道というのは、山道よりなだらかであってもすぐ疲れてくるということです。細かい上り下りが少なく、登り始めるとずっと登り続けるためかもしれません。

長い下りが何度か出てきて、最初は楽だったのですが、それなりにしんどいとわかりました。特に、買ったばかりのシューズの余裕が少なすぎたみたいで、つま先が打ち身のように痛くなり、翌日も歩けるか徐々に心配になってきたほど。上りになったときのほうがほっとするのです。

上記、序盤編の最後、中盤編の最初にある三越峠には綺麗な休憩所が会って(トイレは残念ながら故障中で使えず(泣))、そこでお弁当を食べました。最初の宿、霧の郷たかはらで出会った外国人観光客を含め2グループと一緒になり歓談しながらのランチとなりました。

印象的な景色は随所にあったのですが、長時間の山歩きで余裕がなく熊野本宮大社に到達するまでに撮った写真って、後からみるとこれだけ。鮎が1匹100円程度の土地ってすごく羨ましくて…(笑)。


ちなみに、この日の行程の後半にあたる発心門王子(ほっしんもんおうじ)から熊野本宮大社への風景が、このシリーズの初日に掲載したプロモーションビデオの前半に出てくるので、もう一度貼っておきます。

私たちが歩いた日は初夏の台風前で雨続きでしたが緑が瑞々しかったです。がく〜(落胆した顔)

この旅行記初日、滝尻から高原への最初の動画に出てくる発心門王子(ほっしんもんおうじ)も経由して、あと1時間ぐらいというところで、新しいあずまやみたいな場所でトイレ休憩したのですが、もうストックとミネラルウォーターのボトル以外は持ちたくないという感じ。この日は一番長時間で、その間じゅうレインコートを着たり脱いだりで、それも面倒でした。ただ、雨のお陰で暑さがかなりマシだったのは有りがたかったです。

やっと熊野本宮大社に着いたときには、高原のときと同じく、ここには今度は車かバスでゆっくり来てみたいと思いました。建築だけでもすごく雰囲気があるのに、当日の宿へ移動するために心の余裕がなかったためでもあります。


民家が増え始める舗装された古道から下って熊野本宮大社の裏に到着したときには、やっと平地に戻ってきたと思っていたのですが、宿へのバスに乗るためにここからおもいっきり石段を降りることになりっていました。

面白いことに、1日め、2日めの宿や古道で知り合った外国人観光客に、この本宮大社で合流、山門の下のバス停でまた一部合流して、みんな同じバスで温泉街へ向かいました。私たちは湯の峰でしたが、川湯温泉で下車した人たちもいました。

この日の宿泊は、「民宿てるてや」で、住所が「本宮」になっていたので、本宮大社のすぐそばかと思っていたら、そこからさらにバスで半時間以上…。湯の峰温泉なのでした。女将さんによると、後発のバスに乗れば、逆方向からすぐ到着したのだとか。そういえばあと10分以上あとに出たはずのバスが、私たちが歩き始めたときには逆方向のバス停に到着してました。

バスを降りたらこんな風景。温泉街というのは本当に情緒があっていいですね〜。

(Bookingは今回のスポンサーであるCindyがすべてネットでやってくれていて、行く先々で到着後に宿を探すということは予期していませんでしたw。なんせ、歩き続けて次の宿へ到着するような旅って、生まれて初めてで…わーい(嬉しい顔)。)

てるてやさんもお料理はとっても美味しく、お風呂は直接源泉をひいた温泉風呂を2つ同時に使えたのでリラックスしました。また、洗濯機を使わせて頂いたので、前日乾かなかったものも全部洗い直してエアコンのきいた部屋に干しました。が、お部屋の広さに対して洗濯物が多すぎて、翌朝までには乾かず…orz... 。さらに台風接近で大雨が予想されたので、そのままリュックに詰めて、小口を目指すことになります。

てるてやさんは、熊野古道の観光パンフレットなど、案内所なみに色々そろえてあったので、初日に汗でボロボロになっていた熊野古道マップを捨てて、ここでもらった同じマップに替えたのですが、これが思わぬ落とし穴…。一見同じデザインのマップだけど、春の土砂崩れのために迂回路を使う必要があったのに、それが加筆される前のマップだったのです…。
posted by maruai at 23:09| Comment(0) | 熊野古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。