着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

2012年06月13日

花菖蒲園

ここ一年、西日本の隠れた名所というか、地元を離れなければ既に拝んでたかもしれない風景を次々と堪能。都屋さんのきものだよりをiPhoneで受取ったときは、兵庫県内にある播州山崎の花菖蒲園への道中でした。

あやめだけならアイリスとしてもっと英国風の景色かもしれませんが、この谷間に作られた花菖蒲園の風景は、そのまま着物の柄になりそうなところだらけ。写真では伝わらないような息をのむ美しさでした。

奥の方に見えるベンチの向こうは徐々に土地が高くなり水は浅くしてあって、本来ならアヤメが2反咲いていると思うのですが、シーズンが終ったのか一面緑でした。
IMG_2239.JPG

なんとも親切な黒アゲハが、写真を撮り直している間じゅう留まっていてくれました(^^)。
IMG_2242.JPG

こんな風に、三角のとんがった杉の木が入るだけで、洋風の景色になります。
IMG_2261.JPG

時間を遡って入口から庭園に入る下り坂。門のあたりは小高くなっていて、車で坂を昇っていってから、歩いて下ることになります。帰りに気づきましたが駐車スペースはハンパないので、大型団体客の観光コースかもしれません。
IMG_2228.JPG

庭園内の地図。隅々まで見て回ったはずなんですが、どうも半分しか歩いてない様な気が...。
IMG_2225.JPG

おまけです↓。近くの宿舎・土産物店を兼ねたレストランのランチ。みかけよりボリュームあって、食後の珈琲かデザートがついて1150円。美味でかなりお得感ありました。
IMG_2216.JPG
いつもながら、こういう美しい風景は日本中にあるのだろうと思って切なくなりました。放射性物質のフォールアウトで汚染された土地は、どんなに綺麗でももう深呼吸を楽しむことはできません。(泣)

あやめを漢字に変換すると菖蒲になりますね。ショウブって読むときとは違う種みたいですが。この音のせいなのか、牡丹と組み合わせて花札っぽい渋いアレンジが多い。こんなのみつけました。カワイイ系より渋めがやはり多い。
posted by maruai at 02:16| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。