着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

2011年08月28日

ゆかたの洗い方

「『ひとりで着られる着物の着付』DVDゲットしました♪」の記事でご紹介した、飛騨の都屋さんからの着物だより、8月はゆかたの洗い方や虫干しなどの説明が出ています。

PDFファイルはこちら。
http://www.hidamiyakoya.com/pdf/culture/111826101919.pdf

一部だけ抜粋します。

●袖だたみにして、ネットに入れる。
袖の丸みにたまったゴミ・ホコリをとり、袖だたみします。そのあと、身ごろを屏風だたみにしてネットにいれます。図のように、汚れやすいすそが、一番外側にくるようにたたみます。
袖だたみ.png

●洗濯機で洗う
水温は30度以下。たたんだままネットに入れ、洗濯機の「手洗い(ウール)コース」、または「弱水流」で2、3分洗います。パリッと仕上げるために、すすぎが終わったあとの水に、洗濯用のりを浴衣一枚につき、13〜30ミリリットル溶かし(量は好みで調節)、洗濯機を3分ほどまわしてのりづけします。

(私はこの洗い方では個人的には不安です。皮脂を落とすには、通常60度のお湯か、40度が最適水温の酵素洗剤を使わなければ、毎年少しずつ脂が繊維に残ってしまうから。柄を傷めないこども大事なんですが...)

●手でシワをのばして陰干し
洗濯機で30秒ほど、軽く脱水。脱水後は、すぐに干すこと。手でパンパンとたたいて、シワをのばし、えりの形や縫い目の方向を整えます。図のように、二つ折りにして竿にかけ、陰干しを。たもとも竿にかけ、洗濯バサミでとめます。ハンガーに干す時は、型くずれしないようにするため、着物用のハンガーがおすすめ。
着物の干し方.png
↑私は百均で買った伸縮性の安っぽいプラスチックのを使ってましたw

ところで、シミとりには、ココナツ油脂が主成分の自然派洗剤、ザウトがおススメです。

白いダウンコートに数年間ついたままだった洗剤焼けみたいなシミもとれました。リサイクル洋品店で聞いたのですが、ほとんどどんなシミもこれで落ちるとのこと。

posted by maruai at 04:54| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。