着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

過去ログページ

2012年11月02日

出雲大社と一畑薬師、山陰への旅

出雲方面への旅を初体験。日本じゅうが神無月のとき、神様が集まる出雲は神在月という。そしてそれは11月。知っていたはずなのに、11月は霜月と言われて、「おお、それなら10月中に行かなくちゃ」と勘違いして行ってきました。他県では霜月の頃、出雲は旧暦勘定で11月に神在月祭りをしてるんでしたw。
出雲大社神在祭.jpg
↑11月23〜30日だと工事中でももっと賑やかなんでしょうねw。

いま、ちょうどJRでは山陰めぐりパスという、今年の12月31日まで実質半額で関西から往復できるトクトクきっぷが発行されているのですが、駅までの道のりや乗換え待ち時間など考慮すると片道7時間ぐらいとなって宿泊代が1泊分増えそうなので諦め、車にしました。山陰への道は道路混雑がほとんどないので4時間ちょっとで出雲まで着きます。
出雲大社御本殿「平成の大遷宮」看板.jpg
出雲大社御本殿「平成の大遷宮」の案内板には、5月半ばまでに来ていれば見れたはずの本堂の写真などが…。

実は、出雲大社ではなく、目の神様で知られる一畑薬師に20年近く前に買ったというお札を返納するための旅だったのですが、どうせなら近くの出雲大社も参拝してこよう、と計画。

が、神在月の大祭は11月23日からだっただけでなく、今年が60年に一度の「大遷宮」といって本堂工事中につき中には入れないことも到着してから知りました。 orz...
出雲大社本殿工事中.jpg
↑あぁぁ… orz...
とはいえ、東側にある古代出雲歴史博物館やそこまでの公園は素晴らしかったです。
古代出雲歴史博物館カフェ.jpg
時間があれば1日中こんな場所で読書でもしていたいような…。
風土記時代の出雲 マップ.jpg
古代出雲歴史博物館のほんのワンシーン。古事記の神話の3分の1は出雲が舞台とのことなので、じっくり時間をかけてまわりたい。

そして滅茶苦茶道に迷いながら真っ暗闇の山道を上って到着した一畑薬師の敷地内にある一畑山コテージも、まだ朝の宍道湖を眺望する前から感動の連続。
一畑薬師本堂.jpg
到着翌朝に参拝した一畑薬師の本堂(左)。
一畑薬師境内からの眺望.jpg
一畑薬師境内からの眺望。南に宍道湖が一望できる極楽のような場所。
のんのんばあと一畑薬師の由縁.jpg
ここから近い松江はNHK朝ドラのマナカナちゃん主演「だんだん」の舞台になりましたが、その後、「ゲゲゲの女房」で出てきた漫画家の水木しげる先生の作品で知られる「のんのんばあ」は実在の人で、水木少年を連れてこの薬師寺に通ったとか。


一畑薬師階段.jpg
昔はコテージは無かったので、一般駐車場からこの階段を上って参拝したらしい。

一畑山コテージ入り口.jpg
北欧から輸入したという一畑山コテージの東棟に到着したときの写真。

一畑山コテージから眺める宍道湖.jpg
一畑薬師本堂と同じく南に宍道湖を望むコテージの窓。極楽浄土のような…。

近いようで瀬戸内側の住人には半端に遠くて敬遠しがちな山陰。でも、もっとちょくちょく行きたいと思う場所になりました。巡りきれないほど寺社仏閣も大自然もいっぱい。(北九州で放射性瓦礫を燃やしてなければ、いっそ住んでみたいほど。)

「冬の米子道は冬用タイヤで」蒜山高原PAで警告文が。そうそう、ここを瀬戸内側から中国縦貫経由などで北へ向かってやってくるドライバーは真冬でもタイヤを履き替えないから教えて貰っておかないと、ですね(^^;)。
蒜山高原、冬のタイヤ警告.jpg

他県から島根に車で入った経験がある人はご存知でしょうが、普通の道路マップだと一度迷うと奈落の底…というか、直観ではあり得ない道の繋がり方をしているので(ある意味東京都心並み)方向感覚がなくなります。まっすぐ東西に移動してるだけのはずなのに、iPhoneのマップ・ナビ機能程度だとあっという間に道を逸れてしまうことの連続でへとへと。なんせ周囲は山道だらけ(そういえば20数年前にも山口から広島へ入ろうとかすっただけで同じ体験を…@@;;)。翌朝は宍道湖を眺めながら松江のオートバックスにカーナビ(Gorilla)を買う為直行しました。


これ。小さめのを自分で取り付ける人は2万円以下からでもありそう。最近のはちょっと古めの型でもすごく親切になってるんですね。最後にナビで運転したのは8年ぐらい前ですが、交差点を行き過ぎてしまったり、早めに曲がり過ぎたりしてました。それがもっと適切な説明に変わっていて完璧な誘導。(しかし運転中にテレビつけるのが合法ってどんな国w。)
posted by maruai at 19:38| Comment(0) | 山陰めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。