着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

過去ログページ

2012年10月30日

畳について

Picture 1020.png都屋さんのきものだより、9月号と10月号に畳についての話題が載っていました。
http://www.hidamiyakoya.com/pdf/culture/112831160931.pdf
http://www.hidamiyakoya.com/pdf/culture/1121027154316.pdf

1970年代に建てて以来、畳替えをしていなかった実家でも、大きな家具を移動させて古い畳を処分するしかない時期に差し掛かっていたので、丁度興味があった事だらけ。それ以前に住んでいた借家では、まだ大晦日ごとに畳を裏返して掃除したり、取り替えたりしていた記憶がうっすらあるのですごい怠慢かも〜。

西日本から首都圏に転居した場合によく話題になるのが、「京間」と「江戸間」の寸法の違いですが、私自身も関西の実家に帰ってくると、6畳一間が、東京在住時のマンションの6畳とキッチン両方合わせたより広いような気がします。多少、家ごとにカスタマイズしてあるとはいえ、基本サイズはどれくらいかな、と思ってたら次の通り。

@本間、または関西間、京間とも呼ばれる
幅95.5cm x 長さ191cm x 厚み5.5cm
近畿以南で主に使われていた既製品の最大寸法です。

A五八間(ごはちま)、又は、関東間、江戸間とも呼ばれる
幅88.0cm x 長さ176cm x 厚み5.5cm
静岡以北で主に使われていた最も標準的なサイズです。

なるほど。実寸を測って見るとだいたいそうみたいです。地方によって異なるそうですが、ほとんどこれらが基本とか。

そして、畳の歴史についても出てきますが、元々座る場所だけに椅子代わりに置いていた(お江戸事情に詳しかった杉浦日向子さんは確か、江戸時代は寝床として普及したと言っていたような....)、その時代に今、回帰しつつあるようです。マンションは新築の家でも和室が減って、畳はウッドフロアの一部に置いたりすることが増えている昨今。

歴史を引用してみます。
◆畳の起源は?
畳は「たたむ」ことを意味し、折り返して重ねる意味でもあって、たためるもの、重ねられるものから敷物すべてを意味した。畳が最初に文献に現れたのは奈良時代の「古事記」(712)で、敷物の意味での記録がある。

◆畳の歴史は?
畳は日本固有の文化で、今から約1200年前の平安時代(794-1185)頃に、現代の畳に近づいたそうである。

平安時代には貴族社会が発展して、寝殿造りという独特の建築様式が登場し、そこでは御殿の奥にある部屋の一部に置き畳が敷かれていたらしい。身分のよって畳の大きさや厚さ、畳み縁の色が違ったそうである。Picture 1019.png

室町時代(1336-1573)に入ると、書院造りの登場によって部屋全体に畳が敷かれる様式があらわれ、安土桃山時代(1573-1602)に千利休にうよって茶道が完成され、茶道の発展と共に畳に合わせた所作や礼儀作法が生まれた。(畳の縁を踏まない、縁にそって歩くなどのしきたり)

江戸時代(1603-1868)に入ると、日常生活の中で人と畳のかかわりは深まる一方で、城や屋敷の改修工事をつかさどる「畳奉行」という役職までもうけられた。

江戸時代中期には、町人文化が栄える中で庶民の間にも畳がいきわたっていった。町中のいたるところで畳屋が店を営み、親方のもと多くの畳職人の働く姿がみられるうようになったそうである。

畳の需要は戦後の集合住宅や団地の普及と共に減り、マンションブームや核家族化という社会的な変化で、人々の畳に対する意識が低くなり、街からは畳屋が次々と消え、現在にいたっている。

しかし、天然素材で健康によく、環境に優しいことが見直されつつあり、マンションや住宅のフローリングに、平安時代のようにクッションとして一枚から数枚程度置くという形が復活しつつあるそうである。
[引用ここまで]

他にも畳の敷き方など、千利休の頃に確立した文化でしょうか、リンク先の文書に色々でてきます。画像として切り取るとこんな感じ。

Picture 1021.png

日本文化では当り前のようになっている畳を敷きつめることができる時代というのは、それほど長くなかったようですね。昔、隣の幼馴染みの家が一部を鉄工所に変えている古い家でしたが、一階のだんらんの場所はすべて板間でできており、ご両親の寝室も普段テレビを見ている仏間の掘りごたつの横で畳無しでした。掃除がし易かっただろうと思います^^)。

その後、アメリカ文化の輸入で畳の上に絨毯を敷くようになり、ホウキの代わりに掃除機を使う事が常識になりました。が、本当に電気を使って吸い取らなければ掃除というのはできないものでしょうか?

きれい好きだった母方祖母が、しょっちゅう硬く絞った雑巾で畳を拭いていたことを思い出します。少なくとも表面は、掃除機でとれない汚れまでとっていたと思います。

掃除機がなければ暮らせないと信じていた頃にすっごく興味があったルンバ、今も大人気っぽいσ
posted by maruai at 17:50| Comment(0) | たたみ 畳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。