着物との出会い

来日したキモノフリークの友人の影響で、着物の世界にハマった私。
近所の和服・和小物のお店に通ったり、着付けを学ぶため料亭で仲居になったり。21世紀の和の文化への回帰現象を観察します。
 

過去ログページ

2012年04月17日

吉野の千本桜と吉水神社でタイムスリップ

関西の平地では桜はピークを過ぎて散り始める頃、下千本、中千本は満開、上千本はまだ七分咲きという吉野山へのバスツアーに誘われて行ってきました。

そこらじゅう桜なのになんで遠出してまで、と思っていましたが、ぅぐぅぅぅ、これは迫力が全然違うw。一応地元からそう遠くもないのに知らなかった。
IMG_2080.JPG
IMG_2124.JPG
IMG_2108.JPG

そして、メインルートを歩いていると見過ごしそうになるところに、吉水神社への案内があって、西へちょっと坂を下りました。なんと、ここは1300年前に役行者が建てたという、ちょー由緒ある建物で、書院など歴史の宝庫。まさにタイムスリップ。

源義経が兄に追われて奥州へ逃げる前に、ここで静御前と最後にあった場所とか。
IMG_2126.JPG
800年以上前にお召しになっていた着物。目の前で見ると持ち主がまだそこに居そうな温度を感じました。

IMG_2141.jpg
これは女性用の甲冑?

おまけです。吉野葛も綺麗で美味しそうでしたが、こちらのほうが素朴で好き♪
IMG_2103.JPG

いい日和で桜もベストだったので、人出が多かったですが、四季を通じて味わい深い土地。次回は日本史のおさらいをして、じっくり味わえる態勢で、また訪れたいと思います。できれば宿をとって、早朝にも歩いてみたい。

甘味はこちらで→くず餅

posted by maruai at 23:46| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

浅草着物・帯バーゲン(夏物特選バーゲン)

門前仲町、マルアイさんから恒例の、夏物特選着物・帯バーゲンのハガキが届きました。
浅草着物・帯バーゲン(夏物特選バーゲン)浅草着物・帯バーゲン(夏物特選バーゲン)
浅草産業貿易センター台東館で、4月21日から23日まで、10am〜5pm(最終日は3pmまで)なんですが、ずっと行きたいと思いつつ、行かないまま。プリントごっこで印刷されたようなハガキで、頂くばかりで勿体ないな〜と思いつつ、これまで行ったのは、門前仲町のマルアイさん自社ビル(1階がSoftbankのビル)のセールだけ。

昨年5月までの住所から転送されてくるので、続けて受け取りたいなら住所変更をお願いしなきゃと思いつつ早や1年近く。何度も足を運んだあのお店から届くハガキと思うと、今や単なるDMではない思い入れもあり。

セールに行っても、安い小物や便利グッズを買うだけで、粗品貰ってくるだけなんですが、高級呉服や帯も、買い替えに丁度いい襦袢や着付け用品もあって、眺めているだけで楽しいです。

ちょー小口客なのに、お店のご主人と奥様も、いつもと変わらず温かく対応して下さって、いい思い出でした。おそらく東京の機能が大阪に遷都しても、門仲のような街は残るだろうし、この夏は昨年からずれこんだ本祭りもあるし、なんとか少しでも戻って滞在したいです。

が、しかし、線量はまだ都内では高いし、4号機燃料プール崩壊の危機は去っていないので、用心しなきゃいけませんが。せめて4号機がなんとかなるまでは子どもたちは西へ避難させたいところ。(福島沖近辺で地震が絶えないのに、この工程開始が早くて来年末などとふざけた事を東電や政府が言っていますが、日本列島がどうなってもいいのかとw怒り心頭。でもこの問題、漸く国会でも真摯にとりあげる人たちが出始めました。流れを少し変えたのは、元駐スイス大使、村田光平さんの発言⇒http://ameblo.jp/chihointokyo/entry-11222531637.html

まだ時々肌寒く、袷を着る頃ですが、夏物を物色するシーズンにもなりました。
洋服にも合わせられそうな涼しげなバッグ、
どーでしょう?→
高級感のある竹籠の巾着バッグ
posted by maruai at 12:00| Comment(0) | 夏物着物 浅草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

飛騨高山で着付け合宿あります

飛騨高山の都屋さんの今月のメールは、着付け合宿のご案内です。4月28日〜29日の1泊2日。目。(私は単なる月一回のメルマガ読者なんですが、こういう情報はシェア♪)
Picture 194.png
Picture 195.png

印刷用PDFファイルはこちら→ http://www.hidamiyakoya.com/pdf/culture/112410172530.pdf

宿泊費や、食事代込み(夕食はフレンチ)、観光もできるとなると25,000円はリーズナブルかもしれません。ただし、定員4名だそうです。講師ひとりでみられる人数には限度ありますからねー。なんせ直接見えない所で手を動かして形を整える作業が多いし、鏡を見てやろうとすると左右の感覚が逆で、自分が突然不器用になったかと思えるくらい最初は複雑。

私はいまでも一般人が着付けを学ぶなら、週1、2回でもいいので3シーズンぐらいバイトで憶えるのがいいと思っています。数ヶ月空いていても3シーズンめともなると、意外と手と体が憶えていてくれるもんなんです。

でも、習った後に自分で着物を着るチャンスをどんどんつくれる人は、少人数でゆったり教わるのって理想ですね。

洋服でも使える和小物よりどりみどり→和柄バッグるんるん
posted by maruai at 01:19| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ

SEO対策済みテンプレート - Pro Affiliators Template

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。